金正恩が年頭に示した「ソフト路線」の読み方

経済強国はしっかりアピール、核の成果も

今年の新年の辞では、最後に金党委員長が「人民のための忠実な奉仕者となることを新年最初の朝に厳粛に誓う」と述べるなど、国民に対してソフトな表現、一歩下がったような表現を使っている。これは「人民大衆第一主義」を訴え、党幹部などの権力主義や事なかれ主義といった官僚的な行動の根絶を訴えてきた、金党委員長の姿勢を示したものと思われる。

農業生産の増大も、新年の辞では言及された(写真:記者撮影)

このように、人民に向かってへりくだる一方、「党の規律を厳しくし、労働党幹部などが人民に服務することを率先することで党幹部にプレッシャーをかけ、官僚主義など人民の上に君臨するような振る舞いは根絶することを人民の前で約束する、という姿勢を見せた」と、在日コリアンで北朝鮮経済専門家のパク・チェフン氏は指摘する。

韓国・朴大統領を名指しで批判

以上のような内容は、2016年12月末に平壌で開催された「第1回全党初級党委員長大会」で、「人民の利益と便宜を最優先、絶対視する党の崇高な志と人民的施策が誰にも温かく行き届くように、党活動の主力を入れる」と大会の討論者が述べたと報道されたが、その内容の延長線上にあるものだろう。初級党というのは、国民と直接接し、党の方針や政策を実施する最前線の組織のことだ。金党委員長は外国から、「恐怖主義の政治を行っている」と批判されていることを意識したうえで、あえて官僚主義と不正腐敗からの決別を、国内はもちろん対外的にも示した。

また金委員長は韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領を名指しで批判した。

朴大統領は2016年末のスキャンダルで、2018年2月までの任期を前に辞任することが確実視されているが、批判は朴大統領の先がないことを前提としたものだろう。同時に「北南関係の改善を望む者であれば、その誰とも必ず手をつないで協力していく」と金委員長は述べており、「南北関係の改善において次期政権への期待が込められていること」とパク・チェフン氏は指摘する。今年も金委員長の動向から目が離せない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT