ボクシング、井上がTKO勝ちで4回目の防衛

八重樫もV2

 12月30日、ボクシングの世界タイトルマッチ12回戦、WBOスーパーフライ級王者の井上尚弥(右)は、挑戦者で元WBA王者の河野公平(左)を6回1分1秒、TKOで下して4回目の防衛に成功した(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 30日 ロイター] - ボクシングの世界タイトルマッチ12回戦が30日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥(23)は、挑戦者で元世界ボクシング協会(WBA)王者の河野公平(36)を6回1分1秒、TKOで下して4回目の防衛に成功した。

国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王者の八重樫東(33)は挑戦者で同級8位のサマートレック・ゴーキャットジム(32、タイ)を12回2分13秒、TKOで下して2回目の防衛となった。

関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。