ボクシング、井上がTKO勝ちで4回目の防衛

八重樫もV2

 12月30日、ボクシングの世界タイトルマッチ12回戦、WBOスーパーフライ級王者の井上尚弥(右)は、挑戦者で元WBA王者の河野公平(左)を6回1分1秒、TKOで下して4回目の防衛に成功した(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 30日 ロイター] - ボクシングの世界タイトルマッチ12回戦が30日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥(23)は、挑戦者で元世界ボクシング協会(WBA)王者の河野公平(36)を6回1分1秒、TKOで下して4回目の防衛に成功した。

国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王者の八重樫東(33)は挑戦者で同級8位のサマートレック・ゴーキャットジム(32、タイ)を12回2分13秒、TKOで下して2回目の防衛となった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT