ボクシング、井上がTKO勝ちで4回目の防衛

八重樫もV2

 12月30日、ボクシングの世界タイトルマッチ12回戦、WBOスーパーフライ級王者の井上尚弥(右)は、挑戦者で元WBA王者の河野公平(左)を6回1分1秒、TKOで下して4回目の防衛に成功した(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 30日 ロイター] - ボクシングの世界タイトルマッチ12回戦が30日、東京・有明コロシアムで行われ、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥(23)は、挑戦者で元世界ボクシング協会(WBA)王者の河野公平(36)を6回1分1秒、TKOで下して4回目の防衛に成功した。

国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王者の八重樫東(33)は挑戦者で同級8位のサマートレック・ゴーキャットジム(32、タイ)を12回2分13秒、TKOで下して2回目の防衛となった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。