中国・重慶市長が退任、中央政府要職に転出か

李克強首相の右腕となる可能性

 12月30日、中国・重慶市の黄奇帆市長が退任することになった。中央政府の要職に転じて李克強首相の右腕となる可能性が出てきた。写真は北京で3月撮影(2016年 ロイター/Jason Lee)

[北京 30日 ロイター] - 中国・重慶市の黄奇帆市長が退任することになった。中央政府の要職に転じて李克強首相の右腕となる可能性が出てきた。

ロイターは1月、市長が首相の補佐役である国務院秘書長の最有力候補となっていると報じていた。

重慶市は黄市長の退任願を受理したという短い声明を発表した。張国清副市長が市長代行を務める。

黄氏は金融・経済の専門家として知られ、国内メディアでもコメンテーターとして頻繁に登場している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。