中国・重慶市長が退任、中央政府要職に転出か

李克強首相の右腕となる可能性

 12月30日、中国・重慶市の黄奇帆市長が退任することになった。中央政府の要職に転じて李克強首相の右腕となる可能性が出てきた。写真は北京で3月撮影(2016年 ロイター/Jason Lee)

[北京 30日 ロイター] - 中国・重慶市の黄奇帆市長が退任することになった。中央政府の要職に転じて李克強首相の右腕となる可能性が出てきた。

ロイターは1月、市長が首相の補佐役である国務院秘書長の最有力候補となっていると報じていた。

重慶市は黄市長の退任願を受理したという短い声明を発表した。張国清副市長が市長代行を務める。

黄氏は金融・経済の専門家として知られ、国内メディアでもコメンテーターとして頻繁に登場している。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?