中国・重慶市長が退任、中央政府要職に転出か

李克強首相の右腕となる可能性

 12月30日、中国・重慶市の黄奇帆市長が退任することになった。中央政府の要職に転じて李克強首相の右腕となる可能性が出てきた。写真は北京で3月撮影(2016年 ロイター/Jason Lee)

[北京 30日 ロイター] - 中国・重慶市の黄奇帆市長が退任することになった。中央政府の要職に転じて李克強首相の右腕となる可能性が出てきた。

ロイターは1月、市長が首相の補佐役である国務院秘書長の最有力候補となっていると報じていた。

重慶市は黄市長の退任願を受理したという短い声明を発表した。張国清副市長が市長代行を務める。

黄氏は金融・経済の専門家として知られ、国内メディアでもコメンテーターとして頻繁に登場している。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT