東芝、米子会社の買収案件で数千億円減損も

コストが大幅増加、資産価値が想定を下回る

 12月27日、東芝は、米原発子会社ウエスチングハウス(WH)が昨年末買収した原発サービス会社、CB&Iストーン・アンド・ウエブスター(S&W)について数千億円規模の減損を計上する可能性があると発表した。写真は都内で昨年8月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 27日 ロイター] - 東芝<6502.T>は27日、米原発子会社ウエスチングハウス(WH)が昨年末買収した米原発サービス会社、CB&Iストーン・アンド・ウエブスター(S&W)について数千億円規模の減損を出す可能性があると発表した。影響額が確定次第、投資家に知らせるとしている。同社の綱川智社長らが午後6時から本社で記者会見する。

東芝の発表によると、S&W買収のWHへのコスト影響を精査したところ、コストの大幅な増加により資産価値が当初想定を大幅に下回り、必要となるのれんの計上額が従来想定の8700万ドル(現在の為替レートで約101億円)を越え、現時点で数千億円規模に膨らむ可能性が出てきたとしている。

今後、同のれんについて、東芝連結とWHで減損テストを実施するが、その一部か全額を減損する可能性があり、東芝とWHが損失計上する可能性があると説明している。

減損の可能性が生じたとする数千億円の具体的な水準について同社広報担当者は「説明できない」としている。

 

(浜田健太郎 編集:吉瀬邦彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT