2017年度大学入試、文系人気が復活する理由

就活の「売り手市場」で理系人気が低迷

実際の出願時には、センター試験の結果に応じてより現実的な志望校を選ぶことになり、新学部に対しても受験生の認知が進むのが通例。ただ、学部名で学べる内容をすぐに想起しにくい学部は、受験生の足が遠のくリスクもありそうだ。

もう一つの注目ポイントは、国が2020年度をメドに進めている「高大接続改革」。高校・大学教育と大学入試を一体的に改革するものだ。大学入試に関してはセンター試験に代わって学力評価テストを導入し、思考力・判断力・表現力を測ること、大学の個別入試(二次試験)では主体性・多様性・協働性を測ることを目指している。

入試改革を見据え、出題内容も変化

今年のセンター試験は1月14日、15日に行われる(2016年1月、尾形文繁撮影)

2020年度までにはまだ時間があるが、すでに入試問題に変化が生まれている。たとえば2016年度のセンター試験「英語」のリスニング問題では、3人の討論を聞いて回答する形式の問題が初めて出題された。

「音声を聞き取るだけでなく聞き取った情報を比較したり、推測したりする思考力・判断力が求められ、まさに高大接続改革を意識した問題」(岩瀬氏)だった。二次試験でも現代文で文章中に図表が示され、その読み取りを要求するケースがあった。

また国公立大では、人間性をより重視する医療・看護系や教育系などを中心に、面接やグループディスカッションの導入も広がる。面接では高校時代に取り組んだこと、これから学びたいこと、といった基本的な事項を聞かれることが多いようだ。「2020年の入試制度の変更を待たずに、入試問題の傾向の変化が見られそうだ」と岩瀬氏は話す。

2017年度のセンター試験は1月14日・15日。1月下旬からは二次試験の出願が始まる。近年はインターネット出願を導入する大学が増え、国公立大の12%、私立大学の50%が導入(河合塾調べ)。

2017年度は国公立大では京都大や九州大、私立大では早稲田大、慶應義塾大、立教大などでネット出願を導入する。導入初年度からネット出願に一本化される大学もあるため、注意が必要だ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。