東急ハンズが演出!O2O型コミュニティ 全国に点在するクリエーターとお客を結ぶ

✎ 1〜 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 最新
拡大
縮小

緒方氏が“コミュニティ”のヒントとして挙げたのが、クリス・アンダーソンの著作「MAKERS(メイカーズ)」でも取り上げられた「ファブラボ」だ。ファブラボとは、3Dプリンタ、レーザーカッターのような最新の工作機械を備えた一般市民のための工房、および世界各地の工房をつなぐネットワークのこと。

拠点は、全世界で50個所以上に広がり、日本では、神奈川・鎌倉、茨城・つくば、東京・渋谷、大阪・北加賀屋の4カ所にある。モノづくり愛好家のコミュニティがリアルの工房を基点として存在し、ネットがコミュニティを活性化させている。

東急ハンズが力を入れるハンズ・ギャラリー マーケットは、そうした時代の流れに沿っている。ネットとリアル店舗、双方のコミュニティの場を介して、手作り品を愛する人たちが交流し、お互い刺激を与える。ユニークな商品との出会いや発見も促す。

「東急ハンズでは、今後もコミュニケーションに軸足を置くO2Oを行う。顧客とのコミュニケーションの機会、顧客接点をいかに増やすか。どう熟成させていくか。ここが、引き続き大事な部分だ。IT技術の進化がこの領域を加速させるだろう」(緒方氏)。

ハンズ・ギャラリー マーケットは、消費者同士がコミュニケーションをとる場をネットとリアル店舗で同時に提供する。同じ趣味・嗜好を持つ者同士のコミュニティを支える新しいタイプの店舗のあり方と言えるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

過去の連載が本になりました。『O2O新・消費革命 ネットで客を店舗へ引きつける』(東洋経済新報社)として発売中。Kindle版などの電子書籍も展開開始。

 

松浦 由美子 ITアナリスト

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

まつうら ゆみこ / Yumiko Matsuura

ITアナリスト。

ITエンジニアとして半導体ウェハ検査装置の開発や原子力・ETCなどのインフラ制御系システムの開発、大手印刷会社のIT技術センター部門でセキュリティ関連のサービスや画像情報データベース、地図情報サービスなどのWeb開発に携わる。現在は、「ITからリアル世界への翻訳者」として、テクニカルな話題を一般読者にわかりやすく解説することをモットーに活動中。

著書に『O2O 新・消費革命 ネットで客を店舗へ引きつける』(東洋経済新報社、 2012.10)、『O2O、ビッグデータでお客を呼び込め!- ネットとリアル店舗連携の最前線』(平凡社新書、2014.1)、東洋経済オンラインにて「O2O ビジネス最前線」を連載中。

テレビのニュース番組やラジオ、講演など「O2O」に関する出演多数。
連絡先:松浦由美子公式ページ

 

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT