「越境EC」は爆買い終焉後の救世主になるのか

有望ベンチャーに巨額マネーが集中

さまざまなサービスが勃興する越境ECだが、中国に商品を供給するメーカーの悩みは尽きない。

自社サイトやTモールに出店し販売する化粧品メーカーの担当者は、「ブランドを毀損されるのがいちばん怖い。最適なパートナーをどう選べばいいのか、手探り状態が続いている」と明かす。売り上げは伸びても「爆買い商材」などといわれ、一部の商品が中国で転売・値引き販売される現状には危機感を抱くという。

一筋縄ではいかない市場だが・・・

過去には、日本企業の越境EC先発組が軒並み苦戦を強いられた経緯もある。楽天は中国検索最大手「百度(バイドゥ)」との合弁で展開したECモール「楽酷天」を2012年に閉鎖した。開始当時は「最強タッグ」と持てはやされたが、競合モールが広告を大量投入するなどで、知名度を上げられなかった。

スタートトゥデイが展開するファッションEC「ZOZOTOWN」も、2013年に中国版の自社販売サイトを閉鎖、タオバオ内の出店も取りやめている。

EC市場が拡大し続ける中でも、商習慣の違いは依然として日本企業の行く手に立ちふさがる。日中両国の橋渡し役となる日本企業の勝者は生まれるか。覇権争いはこれから本番を迎える。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT