「越境EC」は爆買い終焉後の救世主になるのか

有望ベンチャーに巨額マネーが集中

そんな中、越境ECにかかわる業務を1社でカバーしようとするベンチャー企業がいる。中国国内の一般ユーザー向けにECアプリ「豌豆公主(ワンドウ)」を展開するインアゴーラだ。

同社と提携すれば、メーカーは日本語で商品を登録し、日本の倉庫に商品を送るだけ。ワンドウのアプリ経由のほか、アリババグループの「天猫(Tモール)」など提携するさまざまな有力モール内で販売できる。

さらに、インアゴーラは物流や決済も担うほか、商品特性に合わせて影響力が大きいブロガーを起用した紹介動画を制作するなど、商品のアピールまで手掛けている。

高い利便性を売りに、子供服のミキハウスなどのアパレル大手、東急ハンズ、ドラッグストアのアインズ&トルペなど、顧客を広げている。

CEOはキングソフトの会長も務める

CEOを務める翁永飆(おうえいひょう)氏は伊藤忠商事を経て複数の起業を経験。スマホアプリ・広告事業を手掛けるキングソフトの会長でもある。「中国と日本の運営がバランスよく回らなければ越境ECで物は売れない。システムやサービスを別々に契約しなければならないのはメーカーにとって利便性が低い」と力説する。

11月にはサービスの拡大に打って出た。これまではワンドウとして各ECモール内に出店し、商品を販売していたが、アリババグループの「淘宝網(タオバオ)」が運営する越境ECサービスと提携。ここに出店する10万以上の個人販売店に対し、日本製品の仕入れのサポートを始めたのだ。インアゴーラを利用する日本企業にとって、販売先は格段に広がった。

インアゴーラは今、日本で最も注目を集めるベンチャーの一つだ。創業は2014年だが、これまでの調達額は47億円に上る。産業革新機構やみずほ銀行などが出資するファンド「WiL」も株主だ。WiL共同創業者の松本真尚氏は、「現地のネットワークとIT業界の知見を備えている。ここでアクセルを踏み込めば、他社は追いつけない」と期待する。

次ページ過去には先発組が軒並み苦戦
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT