スイスのイスラム教施設で発砲、3人が負傷

現場はチューリヒの中央駅の近く

 12月19日、スイスの警察当局によると、チューリヒにあるイスラム教施設に男が侵入して発砲し、3人が負傷した。写真は施設周辺をパトロールする警察当局(2016年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ 20日 ロイター] - スイス警察当局は20日、19日にチューリヒのモスク(イスラム礼拝所)で発砲事件を起こした男が死亡したと明らかにした。現場近くの遺体が、襲撃犯のものと確認したとしている。

銃撃が起きたのは現地時間午後5時半(日本時間20日午前1時半)過ぎで、現場はチューリヒの中央駅の近く。3人が負傷し、うち2人は重傷。

*内容を更新しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。