スイスのイスラム教施設で発砲、3人が負傷

現場はチューリヒの中央駅の近く

 12月19日、スイスの警察当局によると、チューリヒにあるイスラム教施設に男が侵入して発砲し、3人が負傷した。写真は施設周辺をパトロールする警察当局(2016年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ 20日 ロイター] - スイス警察当局は20日、19日にチューリヒのモスク(イスラム礼拝所)で発砲事件を起こした男が死亡したと明らかにした。現場近くの遺体が、襲撃犯のものと確認したとしている。

銃撃が起きたのは現地時間午後5時半(日本時間20日午前1時半)過ぎで、現場はチューリヒの中央駅の近く。3人が負傷し、うち2人は重傷。

*内容を更新しました。

関連記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。