スイスのイスラム教施設で発砲、3人が負傷

現場はチューリヒの中央駅の近く

 12月19日、スイスの警察当局によると、チューリヒにあるイスラム教施設に男が侵入して発砲し、3人が負傷した。写真は施設周辺をパトロールする警察当局(2016年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ 20日 ロイター] - スイス警察当局は20日、19日にチューリヒのモスク(イスラム礼拝所)で発砲事件を起こした男が死亡したと明らかにした。現場近くの遺体が、襲撃犯のものと確認したとしている。

銃撃が起きたのは現地時間午後5時半(日本時間20日午前1時半)過ぎで、現場はチューリヒの中央駅の近く。3人が負傷し、うち2人は重傷。

*内容を更新しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT