ヨルダンで銃撃戦、民間人ら10人が死亡

治安部隊が武装グループを制圧

 12月18日、ヨルダン中部のカラクで、武装グループが警官に発砲した後、観光名所となっている市内の城に立てこもり、治安部隊と銃撃戦となった(2016年 ロイター/Muhammad Hamed)

[アンマン 18日 ロイター] - ヨルダン中部のカラクで18日、武装グループが警官に発砲した後、観光名所となっている市内の城に立てこもり、治安部隊と銃撃戦となった。治安部隊はその後、武装グループの4人を殺害し、制圧したと発表した。

一連の襲撃で、これまでにカナダ人女性を含む民間人や警察など10人が死亡したとされる。他にも数十人が負傷し、病院に搬送された。

警察は先に、武装グループの襲撃で城から出られなくなっていた観光客10人を救出したと明らかにしていた。

ヨルダン当局は、武装グループの潜伏場所から大量の爆発物、武器、自爆用ベルトを押収したと発表した。

メンバーの身元や特定の組織への所属の有無は不明。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT