1ドル117円台でも前場の日経平均は小反落

一時は180円超上昇し年初来高値を更新

 12月15日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比28円37銭安の1万9225円24銭と、8日ぶりに小反落した。写真は都内で昨年2月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 15日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比28円37銭安の1万9225円24銭と、8日ぶりに小反落した。為替が1ドル117円台まで円安に振れたことで大型輸出関連株は買いが先行し、指数は一時180円超高まで上げ幅を拡大。だが連日の上昇で過熱感も強く、利益確定売りに押され次第に伸び悩んだ。前場後半にマイナスに転じた。

TOPIXは年初来高値を更新後、上げ幅を縮小。前日比0.02%高で午前の取引を終了した。前場の東証1部売買代金は1兆3652億円だった。

米連邦準備理事会(FRB)は、14日の連邦公開市場委員会(FOMC)で0.25%ポイントの利上げを決定。FOMCメンバーの金利予測の分布を示す「ドットチャート」で来年3回の利上げが示唆され、9月に示された年2回から利上げペースが速まった。

市場では「2回から3回へ回数が増えることはサプライズ。これを受け外為市場はドル高/円安方向に振れたが、主力輸出関連株の上げは一服してしまった。急激な円安進行に株価が追いついていない状況だ」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)との声が出ていた。

東証1部騰落数は、値上がり880銘柄に対し、値下がりが981銘柄、変わらずが134銘柄だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT