1ドル117円台でも前場の日経平均は小反落

一時は180円超上昇し年初来高値を更新

 12月15日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比28円37銭安の1万9225円24銭と、8日ぶりに小反落した。写真は都内で昨年2月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 15日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比28円37銭安の1万9225円24銭と、8日ぶりに小反落した。為替が1ドル117円台まで円安に振れたことで大型輸出関連株は買いが先行し、指数は一時180円超高まで上げ幅を拡大。だが連日の上昇で過熱感も強く、利益確定売りに押され次第に伸び悩んだ。前場後半にマイナスに転じた。

TOPIXは年初来高値を更新後、上げ幅を縮小。前日比0.02%高で午前の取引を終了した。前場の東証1部売買代金は1兆3652億円だった。

米連邦準備理事会(FRB)は、14日の連邦公開市場委員会(FOMC)で0.25%ポイントの利上げを決定。FOMCメンバーの金利予測の分布を示す「ドットチャート」で来年3回の利上げが示唆され、9月に示された年2回から利上げペースが速まった。

市場では「2回から3回へ回数が増えることはサプライズ。これを受け外為市場はドル高/円安方向に振れたが、主力輸出関連株の上げは一服してしまった。急激な円安進行に株価が追いついていない状況だ」(東洋証券ストラテジストの大塚竜太氏)との声が出ていた。

東証1部騰落数は、値上がり880銘柄に対し、値下がりが981銘柄、変わらずが134銘柄だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。