50代の「学習意欲の低下」はどう防ぐべきか

「知能」と「記憶力」は加齢によって低下しない

①希望の法則
1.頑張ればうまくいく
2.十分にやれそうだ
3.何をどうすればいいかがわかる
②充実の法則
4.面白い、確実に成長している
5.自分で決めたことだから頑張る
6.期待されている
③関係の法則
7.安心できる
8.関心を持たれている
9.一体感がある

 

ここで注目したいのは、③の「関係の法則」です。

『五〇歳からの勉強法』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

人が会社を辞める、あるいは留まることを決めるときの大きな理由の1つに、人間関係があるというのはよく知られていることです。

ときに、仕事や勉強そのものよりも、その過程やそれを習得した結果得られる、望ましい「人との関係」が最大の動機であり、報酬になります。特に、何もしないでいると社会との繋がりがなくなる定年後の生活において、「人との関係」自体が報酬になることの意味は大きいのです。

これに限らず、何が動機づけになり、やる気を引き出すのかは人それぞれです。たとえば、定年後の生活の安定させるために資格を所得する、若いころから興味があった芸術をやるために絵画教室に行くなど、動機は何でもよいのです。

ご自身に合った動機を見つけることができれば、あとは勉強することそれ自体が動機づけになります。さらに、勉強の過程で自分が知らなかった世界を知ることで、思ってもみなかった新たな目標や動機が出てくることも少なくないのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT