100万回再生、衝撃の「アニソンダンス」

ブレイクダンスの実力派が結集

マロン(32)、けいたん(32)、涼宮あつき(29)、ドラゴン(33)、ムラトミ(33)。「アニソンダンスはカレーうどん。どちらもおいしくて、コラボしたらもっとおいしくなった。奇跡です」(撮影/写真部・堀内慶太郎)

チェックのシャツをタックインした若者が、アニソンに合わせてブレイクダンスを踊る。それが、ニコニコ動画で200万回以上、YouTubeで100万回近く再生されている。彼らは何者なのか。

アニメソングに合わせて踊る5人の若者たち。コミカルなポーズの合間に繰り出すのは、ヘッドスピン、ウィンドミル、エアチェアと、ブレイクダンスの大技だ。

ニューヨーク発祥のストリートダンスで、相手を挑発し「ダンスバトル」で優劣を競うブレイクダンスは、ギャングの抗争の代用手段だったとも言われる。アニソンの世界観とはかけ離れている。二つを結びつけたのは「RAB(リアルアキバボーイズ)」。ブレイクダンスの達人で、アニメやゲーム、声優を愛してやまない生粋の「オタク」でもある。

顔を隠して踊った過去

結成は2007年。ブレイクダンス大会の常連だった5人は、会話の端々から互いのアニメ好きを知り意気投合。秋葉原に連れだって買い物に出かけ、練習の合間にアニソンで踊った。

ニコニコ動画に動画を投稿すると反響は上々。だが、ブレイクダンスの大会では総評で主催者にこき下ろされた。

「こんなものをヒップホップの文化に持ち込んでほしくない」

意気消沈していた11年春、当時、視聴率10%を超えていたバラエティー「スター☆ドラフト会議」から出演のオファーが舞い込む。卓越したパフォーマンスとオタクルックのギャップが反響を呼んだ。

次ページバンダナで顔を隠して踊ったことも…
人気記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。