100万回再生、衝撃の「アニソンダンス」

ブレイクダンスの実力派が結集

マロン(32)、けいたん(32)、涼宮あつき(29)、ドラゴン(33)、ムラトミ(33)。「アニソンダンスはカレーうどん。どちらもおいしくて、コラボしたらもっとおいしくなった。奇跡です」(撮影/写真部・堀内慶太郎)

チェックのシャツをタックインした若者が、アニソンに合わせてブレイクダンスを踊る。それが、ニコニコ動画で200万回以上、YouTubeで100万回近く再生されている。彼らは何者なのか。

アニメソングに合わせて踊る5人の若者たち。コミカルなポーズの合間に繰り出すのは、ヘッドスピン、ウィンドミル、エアチェアと、ブレイクダンスの大技だ。

ニューヨーク発祥のストリートダンスで、相手を挑発し「ダンスバトル」で優劣を競うブレイクダンスは、ギャングの抗争の代用手段だったとも言われる。アニソンの世界観とはかけ離れている。二つを結びつけたのは「RAB(リアルアキバボーイズ)」。ブレイクダンスの達人で、アニメやゲーム、声優を愛してやまない生粋の「オタク」でもある。

顔を隠して踊った過去

結成は2007年。ブレイクダンス大会の常連だった5人は、会話の端々から互いのアニメ好きを知り意気投合。秋葉原に連れだって買い物に出かけ、練習の合間にアニソンで踊った。

ニコニコ動画に動画を投稿すると反響は上々。だが、ブレイクダンスの大会では総評で主催者にこき下ろされた。

「こんなものをヒップホップの文化に持ち込んでほしくない」

意気消沈していた11年春、当時、視聴率10%を超えていたバラエティー「スター☆ドラフト会議」から出演のオファーが舞い込む。卓越したパフォーマンスとオタクルックのギャップが反響を呼んだ。

次ページバンダナで顔を隠して踊ったことも…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT