「大学付属校」受験の人気が高まっている理由

一貫校はエスカレーターではなくガラパゴス

ただしこれらは落とし穴にもなり得る。「両刃の剣」だ。拙著の中では、この「両刃の剣」について、正と負の両面から考察した。そのうえで、この「剣」は今後一層の輝きを放つであろうと私は予測する。理由は次の一言に集約できる。

「ミスを恐れない教育」

これこそが大学付属校で学ぶことの最大の価値だと私は思う。一般に付属校出身者は、外部受験者よりも「学力」が低いと言われる。逆から見れば、受験という機会が日本の子供たちの「学力」を引き上げている証拠だとも言える。しかし今その学力観そのものが変わりつつある。

減点法の社会から脱却するために

日本の大学入試は、公正平等であることを追求したがゆえに、1点2点を争う競争の舞台となってしまった。そしてその論理に、高校教育が絡め取られ、中学校教育が絡め取られ、中学受験勉強が絡め取られていった。

『大学付属校という選択 早慶MARCH関関同立』(日本経済新聞出版社)。大学付属校で学ぶ利点と落とし穴を整理したうえで、迷走を続ける大学入試改革へ大胆に提言。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

どんなに頑張っても100点満点以上はない。より多く得点することよりも、人と違うことができることよりも、大事なのはミスをしないこと。しかも学歴社会の中では、一発勝負の入試本番でのたった1つのミスが人生を大きく左右することになる。この構造が減点法の社会を成立させている。

その「ゲーム」に勝利する者の条件が、処理能力が高く、忍耐力があり、与えられた課題に対する疑問を抱かないことであることは、拙著『ルポ塾歴社会』(幻冬舎)で描いたとおり。そのナンセンスを是正するために今、大学入試改革が検討されているわけだ。

しかし大学付属校の教育は、もともと大学受験には規定されていない。ミスを恐れなくていい。勝ちも負けもない。大学付属校で正しく学んでいる限り、減点法の価値観に侵されることはない。「エスカレーター」と揶揄されながらでも、受験競争の猛威を子供たちに寄せつけなかった。その意味で、大学付属校は日本の教育におけるいい意味での「ガラパゴス」と言ってもいいだろう。大学付属校の教育に、大学入試改革のヒントが見出せるかもしれない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT