59歳社長の自殺を招いた「酒による擬似うつ」

「もはや進退窮まれり!」の前に酒をやめよ

遠藤さんは結局、3週間入院した後に退院。その際、私は遠藤さんにこう伝えました。

「これまでは、ご自身の代謝能力以上に飲んでいました。そのため、睡眠の質が悪くなって、疲れがとれなくなっていたのでしょう。責任の重いお立場でしょうし、解決しなければいけない案件も多々ある。アルコールで疲れ切った脳では、いい解決策も浮かびません。今日から断酒して、関係者一同に『医者から厳しく酒を止められている』と宣言してください。社外の人との会合で飲まされる場合は、1杯目は焼酎をごく薄くして飲んで、その後は水を『焼酎だ』といって飲み続けてください」

うつ病そっくり!「こころの二日酔い」の脅威

遠藤さんは、アルコール依存とまではいえませんが、アルコールが睡眠の質を損ねることへの認識が甘く、そのため酒で体調を崩していました。深酒は、翌朝の抑うつ、不機嫌、意欲低下に自己嫌悪を伴う独特の心理状態をもたらします。イギリスの作家エイミスはこれを“Metaphysical hangover”(「形而上的二日酔い」)と呼びました。

「形而上的二日酔い」は、一見するとうつ病そっくりですが、治療法は抗うつ薬でなく、断酒です。前任の医師がアルコールの問題を把握しておらず、断酒指導もなしに抗うつ薬を漫然と投与していた点は、同業者として困惑せざるをえませんでした。

『うつの常識、じつは非常識』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

遠藤さんはその後、約束どおりに酒を断ち、生活リズムを整え、適度に運動し…と、生活習慣の改善を行い、日に日に回復していきました。現在、抗うつ薬にまったく頼らずに、安定した状態を維持できています。社内のトラブルも合理的な解決が得られたようで、診察室で話題にすら上らなくなりました。

では、不正経理を気に病んで自殺を図ったとの第一報はいったい、何だったのでしょうか。もちろん、それはそれで深刻だったのでしょう。しかし、命と引き換えにするほどの事態ではなかったようです。実際、酒の入らない冷静な頭脳で落ち着いて考えれば、難なく乗り切れたはずです。

「形而上的二日酔い」の脳では、事態の深刻さを見誤ります。実際には対処可能な問題なのに、「もはや進退窮まった」と誤認させ、自己破壊的な行動に及んでしまうこともあるようです。

エグゼクティブは確かに多忙ですが、コンディションの整った頭脳ならば、膨大な案件の中に優先順位がみえてきます。孤独であることは確かですが、それでも冷静に周りを見渡してみれば、周囲の誰に働きかければ事態が動き出すかもみえてきます。

つまり、本来優秀な頭脳を十全に機能させること。そう考えれば、エグゼクティブにとって本当の脅威は、ハードな仕事自体ではなく、むしろアルコールとそれによる睡眠の質の低下のようです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング