中国アリババ、クラウド関連施設を続々建設

日本など4カ国に開設へ

11月21日、中国の電子商取引大手のアリババ・グループ・ホールディングは、ドバイ、ドイツ、日本、オーストラリアにクラウドのデータ関連施設を開設すると発表した。杭州で2014年4月撮影(2016年 ロイター/Chance Chan)

[21日 ロイター] - 中国の電子商取引大手のアリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>のクラウド・コンピューティング部門は21日、ドバイ、ドイツ、日本、オーストラリアにクラウドのデータ関連施設を開設すると発表した。

クラウド・コンピューティングの分野で先行する米マイクロソフト<MSFT.O>やアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>からのシェアを奪う狙い。

調査会社カナリスによると、クラウド・コンピューティング市場は2020年までに1350億ドルに達する見通しで、アリババのシェアは7.8%と見込まれている。一方、アマゾン、マイクロソフト、IBM<IBM.N>、アルファベット<GOOGL.O>のシェア合計は69.1%と予想されている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。