中国アリババ、クラウド関連施設を続々建設

日本など4カ国に開設へ

11月21日、中国の電子商取引大手のアリババ・グループ・ホールディングは、ドバイ、ドイツ、日本、オーストラリアにクラウドのデータ関連施設を開設すると発表した。杭州で2014年4月撮影(2016年 ロイター/Chance Chan)

[21日 ロイター] - 中国の電子商取引大手のアリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>のクラウド・コンピューティング部門は21日、ドバイ、ドイツ、日本、オーストラリアにクラウドのデータ関連施設を開設すると発表した。

クラウド・コンピューティングの分野で先行する米マイクロソフト<MSFT.O>やアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>からのシェアを奪う狙い。

調査会社カナリスによると、クラウド・コンピューティング市場は2020年までに1350億ドルに達する見通しで、アリババのシェアは7.8%と見込まれている。一方、アマゾン、マイクロソフト、IBM<IBM.N>、アルファベット<GOOGL.O>のシェア合計は69.1%と予想されている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。