1980年代後半と似る、バブル相場のリズム感

山崎 元が読む、ちょっと先のマーケット

七夕賞は難しい!

さて、日曜日の福島開催メインレースは、荒れるイメージがある2000mのGⅢハンデ戦、七夕賞だ。過去10年で一番人気の1着は2回だけで、勝ち馬が当てにくい。レースの印象は、上がりタイムが意外に遅い消耗戦だ。

本命は、地方のハンデGⅢレベルなら勝利の一歩手前まで来ていると思えるダコールで行きたい。小倉に良績があり平坦小回りは得意だし、福島も一度走ってGⅢ3着だ。重賞勝ちがない分、他馬よりも斤量に恵まれた(56キロ)。追い込み脚質なので直線が短い福島は心配だが、2000mも距離があれば、屋根(蛯名)が何とかしてくれるだろう。蛯名騎手は、今シーズンも先週までに3着45回、4着32回と、1.4倍の高い3着/4着比率を記録しており、信頼できる。

対抗は重賞勝ち(京都金杯)の実績を持ち前々走に福島オープン勝ちもあるマイネルラクリマを採る。父チーフベアハートもレースのイメージに合う。以下、単穴は内田騎手を確保し内枠を引いたエクスペディション、連下に、ナリタクリスタル(斤量が重い)、トレイルブレーザー(力はある。来られたら文句はいえない)、マックスドリーム(54キロは楽)まで。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT