ミクシィとガンホーを襲うスマホの"成熟化"

ついに成熟化する市場、見えない次の稼ぎ頭

12月15日に世界配信が決まった『スーパーマリオラン』(C)2016 Nintendo

任天堂が象徴するのは、ゲーム業界においてIPの重要度が高まっている点だ。

IPとは、ゲームのタイトルやキャラクターなどを含めた知的財産のこと。伝統的なゲーム会社である任天堂の『マリオ』や『ゼルダ』、スクウェア・エニックスHDの『ファイナルファンタジー』や『ドラゴンクエスト』が代表例だ。

こうしたIPは知名度が高く、ゲームを投入すれば幅広いユーザーの獲得が見込める。実際、米ナイアンティックはポケモンというIPを活用したスマホゲームの『ポケモンGO』で記録的なダウンロード数をたたき出した。

スマホの次を開拓できるか

業界では自社が保有するIPを武器に、開発から運営まで一貫して手掛けるコナミHDやカプコンと、スマホアプリに強い会社と協業する任天堂やバンダイナムコHD、スクエニに分かれている。

特にバンダイナムコHDとコナミHDは、それぞれ2010年と2015年に行った組織再編が功を奏している。従来はタイトルやゲーム機器ごとに縦割りだった開発体制を、IPを中心に各機器に対応する体制に移行。IPをうまくスマホアプリに対応させたことで業績を拡大させている。

だが、有力IPの数には限りがあり、使い回しにも限界がある。そのため、各社はスマホの次に照準を合わせて開発を進めている。

ソニーは10月13日からVR(仮想現実)機能を備えた新型ゲーム機「プレイステーションVR」を投入。任天堂も2017年3月に「Nintendo Switch」(スイッチ)の発売を計画する。「任天堂とは数年前から(ゲームの開発に)一緒に取り組んできた。世界での販売に期待している」と、大下聡・バンダイナムコエンターテインメント社長は言う。

ただ、課金システムが確立され、驚異的な利益率をたたき出してきたスマホゲームに比べて、新しいハードでどう収益を上げるのか、手探りの段階だ。次の稼ぎ頭をどう育てるのか。各社は重い課題を抱えている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。