銀行員におカネの相談をするのはカモネギだ

あなたの大切な貯金を増やす5つのポイント

そもそも、金融機関の勧める金融商品や提案内容の質を見極めることができる人であれば相談をする必要はないでしょう。見極める自信がないから相談するわけですが、そういう人はなおさら、金融商品の売り手に相談していたら危険に決まっています。相手にとって望ましい商品を勧められている可能性が高くなります。不必要な商品を売りつけられているかもしれません。

もし、見極める自信がない場合は、「セカンドオピニオン」として利害関係のない人に、相談するのも一つの手です。また、金融商品を販売していない立場のアドバイザーなどに相談すれば、余計な商品を売りつけられる心配はありません。もちろん、最初に申し上げたとおり、顧客側も基本的な金融商品については理解するように努力する必要があります。

金融商品を見極める「5つのチェックポイント」とは?

『銀行員が顧客には勧めないけど家族に勧める資産運用術』書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

「金融商品の中身を理解する」と言っても、実はそれほど難しいことではありません。大切な貯金を減らさず、少しでも増やすためには、次のような「5つのポイント」を押さえておけば良いでしょう。

1. 元本割れの可能性はあるのか

2. 想定される最大損失額(例えばリーマンショックのような経済危機が発生した場合、どの位損する可能性があるのか)

3. コスト(間接的に負担するものも含める)

4. 流動性(いつでも解約できるのか、解約するのに手数料はかからないか)

5. 過去の実績(参考程度に)

そして、これらが明確に理解できない場合には、投資しなければ良いのです。無理に複雑な商品を理解する必要はありません。複雑な金融商品はリスクの所在も分かりにくく、コストが割高なことが多いからです。

資産運用は自分の人生にかかわることです。金融機関の営業担当者は転勤も多く、10年20年先まで責任を持ってサポートしてくれるわけではありません。他人任せにせず、自分で調べて、理解してから始めるなど、主体的に取り組みましょう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT