そして、ギリシャが再び焦点に

景気・経済観測(欧州)

このようにギリシャ情勢は、連立政権の足並みの乱れや債務の持続可能性が危ぶまれるなど、今も不安要素を抱えている。

欧州の債務危機はこれまで「危機」と「小康」を繰り返してきた。危機がいよいよ極限に近づくと政策対応が打たれる。政策対応で市場が落ち着きを取り戻すと、危機国や政策当局の危機感が薄れ、政策が停滞する。政策停滞により、次の危機のマグマが蓄積し、それが時を経て噴出する。ECBによる新たな国債購入策(OMT)の発表以降、金融市場が小康を保ってきたことで、危機と小康のサイクルの振幅が小さくなってきたが、今もこのサイクルから抜け出した訳ではない。

市場心理が悪化する局面では、ギリシャのみならず欧州各国が抱える政治リスクや銀行同盟を巡るEUの政策停滞などに、改めて焦点が当たる可能性がある。欧州の危機を過去の物と片付けてしまうのはまだ早そうだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT