「逃げ恥」「校閲ガール」心をつかむ3つの理由

ガッキーと石原さとみが可愛いだけじゃない

一方、悦子は校閲部内で「絶対に『(ファッション誌)Lassy』の編集者になる!」と宣言したり、キレイになった先輩校閲者・藤岩りおん(江口のりこ)に「全部、私のおかげですから」と自画自賛したり、スキャンダルで緊急会見を行う女優に「納得いかないから」と仕事を放り出して会見場に向かうなど、猪突猛進な仕事ぶりが目立ちます。

「わがままな女では?」と思うことなかれ。校閲部の先輩たちも、編集者や営業マンも、作家やおでん屋の常連たちも、みんな悦子に「それ言うかな~」「言っちゃったよ」などと笑顔でツッコミを入れながら親しんでいるのです。

周囲の人々が悦子に親しみを持つ理由は、「人に合わせて態度を変えず、喜怒哀楽を表に出す」ことへの安心感。職場で信用されるのは悦子のようなタイプであり、気軽にツッコミを入れられる隙も含めて、親しみの持てる存在なのです。悦子が迷惑をかけているのに、「これくらいのことならいいよ」と優しく見守られているのは、そういう姿あってのことでしょう。

2人に共通しているのは、思考回路がシンプルで、「ああだこうだ」と考えすぎないこと。それでいて仕事の面では、「ムダなことはしない」という合理性があるため、上司、同僚、取引先など、すべての人にとってコミュニケーションが取りやすい人なのです。現代のオフィスで本当に求められている人材は、みくりと悦子のような存在なのかもしれません。

視聴者が求める「幸福感」と「疑似体験」

3つ目のポイントは、制作サイドのマーケティング。近年、エンタメにおける個人の嗜好は細分化する一方ですが、両作は幅広いターゲットを持つコンセプトを打ち出しました。

「逃げ恥」のコンセプトは、全編を通して漂う幸福感。“契約結婚”というテーマは一見ドライですが、実際に描いているのは、「モジモジしながらも徐々に惹かれ合う」スローテンポで牧歌的なムードの恋模様です。ハイテンポな展開、トラウマや大事件、壁ドンなどの濃厚な恋愛ドラマばかりの中、「逃げ恥」のスローテンポと牧歌的なムードは貴重。ほどよいもどかしさや、悪い人を登場させないなどの工夫で、視聴者を「ゆっくり恋を育む2人をのんびり見守ろう」という気持ちにさせています。

日常生活でのストレスが多く、漠然とした閉塞感が漂う現代人が求めているのは、「逃げ恥」のような“ぼんやりとした幸福感”なのかもしれません。「職場の人間関係が穏やかで、一緒に過ごせる人がいる」「その人との生活は心地いいけど、うまくいかないこともある」「でも好きだと思うし、距離を縮めたいという思いを抱いている」。

「逃げ恥」は、このような「多くは望まないけど、日常の穏やかな幸せがほしい」という視聴者ニーズに応えていることがわかります。今後はドラマだけでなく、多くの商品・サービスにも、この“ぼんやりとした幸福感”がキーワードになるのかもしれません。

次ページ「校閲ガール」のコンセプト
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。