日本株、「秋の暴落」はもうないかもしれない

リソー教育は成長持続で、売り方針を転換

【10月19日(水)】午前5時半、日経225先物は、10円安の1万6930円。NYダウは、75ドル高の1万8161ドル。14時9分、日経速報メールで日経電子版によると日産ゴーン氏が、三菱自動車の会長につく人事を固めたと報道。三菱自動車は、9時、3円安の481円、14時12分には高値52円高の536円、終値は、38円高の522円で引けた。日経平均は、35円高の1万6998円と4日続伸。15時45分、三菱自動車から業績予想の修正及び特別損失の計上に関するお知らせがあり、最終赤字は、1450億円予想から2400億円に拡大すると発表した。今日、ひとまず売っておいた方が良かったかな?

三菱自動車で117万円の利益確定、早く売りすぎた?

【10月20日(木)】午前5時半、日経225先物は、10円安の1万6980円。NYダウは、40ドル高の1万8202ドル。9時2分55秒、三菱自動車を530円で2万株売り、117万9006円の利益確定。9時12分、23円高の545円の高値をつけ、終値は、14円高の536円。出来高5748万5200株と大商いで出来高第4位。日経平均は、236円高の1万7235円と大幅高で5日続伸。

NY原油は、51.60ドルと1年3カ月ぶり高値。16時15分、三菱自動車は、第三者割当による新株式発行の払込完了に関するお知らせを発表した。1株468.52円、普通株式5億662万577株で払込金額は、2373億6187万2737円となった。この金額は、昨日業績下方修正した最終赤字2400億円に近いな。

【10月21日(金)】午前5時半、日経225先物は、80円高の1万7260円。NYダウは、40ドル安の1万8162ドル。三菱自動車は、終値28円高の564円、高値38円高の574円まであった。業績下方修正がなければ売らなかったのだが、早く売りすぎたかな?中間決算発表日は、10月28日となっており、中間、期末配当予定各5円予想だが19日発表の業績下方修正で無配の可能性もでてきた。9月の配当権利は取っているので、予定通り5円配当をして欲しいのだが。日経平均は、50円安の1万7184円と6日ぶり反落。

【10月22日(土)】午前5時半、日経225先物は、10円高の1万7230円。NYダウは、16ドル安の1万8145ドル。1ドル103.82円、1ユーロ112.95円。秋は暴落シーズンだが、心配は杞憂に終わったようだ。いよいよ11月8日の米大統領選挙が迫ってきたが、クリントン氏優勢でこのまま大統領に決まると、株、為替がどう動くのか注意深く見て行きたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT