32歳婚活女子、心に突き刺さる元カレの言葉

東京カレンダー「崖っぷち結婚相談所」<13>

同じような失敗を繰り返すのだけはごめんだと強く思うばかりに…
典型的な結婚できない女、杏子、32歳。慶應大学卒業後、丸の内の某外資系金融でセールス職に就き、年収は2000万円を優に超える。
美人だがプライドが高くワガママな彼女は、男運が悪く全くモテない。さらにハイスペックゆえ、男が近寄りたくない女ナンバーワンとまで噂されている。婚活に危機感を持ち始めた杏子は、結婚相談所に登録した。婚活アドバイザーの直人からアドバイスを受けつつ、2回目のマッチング相手・正木とイイ感じになったと思いきや、なかなか進展しない。そして3回目のマッチングでは論外な相手を勧められ、疲れ果てた杏子だが……?

元彼との偶然の再会というドラマチックな展開に…

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

「杏子!」

突然名前を呼ばれ、振り返った先には、元彼の知樹が立っていた。

数ヵ月ぶりの再会であるが、知樹は心なしか、男らしさが増し、大人ぽくなったように見える。自分を振った知樹のことは、ここ最近の忙しい婚活の中で、もうとっくに忘れたつもりでいた。

しかし、杏子は思いがけず、胸が強く締めつけられた。その理由は、皮肉にも、今目の前にある『ジョエル・ロブション』が、去年の11月の杏子の誕生日を知樹と二人でお祝いした、思い出深いレストランであるからなのだろうか。

「杏子……。相変わらず綺麗だね……。何か、女っぽくなった?俺、ちょうど杏子と話したいと思ってたんだ。こんな偶然ってあるんだな。ちょっと話せない?」

育ちの良さが滲み出る品の良い顔立ちに、男らしい低めの声。懐かしい知樹は、切なく優しげな瞳で杏子を見つめている。以前の別れ際、関係がギクシャクしていた頃は、もっと刺々しい冷たい視線を向けられたものだ。

「もう、話すことはないわ」

しかし、咄嗟に杏子の頭をよぎったのは、懐かしさよりも、同期の由香のことだった。万一、知樹の口から「由香と付き合うことになった」なんて聞かされたら、自分はまたショックを受けてしまう。

杏子は逃げるように、足早に恵比寿ガーデンプレイスを歩き始めた。

「待って!俺、杏子のことが、忘れられないんだ!」

知樹の意外なセリフには驚いたが、杏子の足は、何故か止まらなかった。

次ページ懐かしさよりも先に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT