英ヒースロー空港の滑走路増設、政府が承認

25年の論争に終止符

 10月25日、英国政府は、ロンドン西部ヒースロー空港(写真)の第3の滑走路建設を承認した。費用は220億ドル。25日撮影(2016年 ロイター/Eddie Keogh)

[ロンドン 25日 ロイター] - 英国政府は25日、ロンドン西部ヒースロー空港の第3の滑走路建設を承認した。費用は220億ドル。拡張については25年間議論が続いていたが、欧州連合(EU)離脱決定後、世界的ハブ空港としての役割を高める最も意欲的な選択肢の採用という形で決着することになった。

グレイリング運輸相はこの日の記者会見で「わが国にとって非常に大きな決定となったが、国民投票後、この国がビジネスに対し開かれているということを明確に示す証拠ともなる」と話した。

ヒースロー空港は住宅密集地域にあり、環境や政治的な問題による反対意見が根強く、拡張の権利をめぐって南部ガトウィック空港と争っていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。