英ヒースロー空港の滑走路増設、政府が承認

25年の論争に終止符

 10月25日、英国政府は、ロンドン西部ヒースロー空港(写真)の第3の滑走路建設を承認した。費用は220億ドル。25日撮影(2016年 ロイター/Eddie Keogh)

[ロンドン 25日 ロイター] - 英国政府は25日、ロンドン西部ヒースロー空港の第3の滑走路建設を承認した。費用は220億ドル。拡張については25年間議論が続いていたが、欧州連合(EU)離脱決定後、世界的ハブ空港としての役割を高める最も意欲的な選択肢の採用という形で決着することになった。

グレイリング運輸相はこの日の記者会見で「わが国にとって非常に大きな決定となったが、国民投票後、この国がビジネスに対し開かれているということを明確に示す証拠ともなる」と話した。

ヒースロー空港は住宅密集地域にあり、環境や政治的な問題による反対意見が根強く、拡張の権利をめぐって南部ガトウィック空港と争っていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT