日経平均は1万3500円台を回復

出口観測後退で米株高に連動

証券筆頭に32業種で上昇

東証33業種別では、空運を除く32業種が上昇とほぼ全面高。上昇率トップは証券で、9.49%の上昇率。これに、その他金融、銀行、不動産、鉄鋼、海運が続いた。上昇率トップが証券だったことを受けて、市場では「今後、相場が切り返す可能性を先取りする動きではないか」との楽観論が出ている。唯一、下落した空運の下落率は0.49%と小幅だった。

個別株では、野村ホールディングス、大和証券グループ、みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループなどが金融株が人気を集め、SBIホールディングス、アイフルはストップ高。三井不動産、三菱地所、住友不動産など不動産株のほか、東京エレクトロン、ソフトバンク、ファーストリテイリングなど幅広い銘柄が買われた。午前に売られていたトヨタ、ホンダ、デンソー、キヤノンも引けにかけて切り返した。一方の下落は、KDDI、アステラス製薬など。このところ大幅に上げていた丸栄や3Dプリンター関連の群栄化学工業はストップ安をつけた。

明日にかけては、安倍晋三首相が午前11時から開かれる内外情勢調査会の講演で成長戦略の第3弾を発表する予定で、これを受けて市場がどう反応するかが最大の注目点。また、FRBによる量的緩和の縮小をめぐる動きも引き続きの焦点となる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT