ウェブメディアの「検索回帰」が始まったワケ

SNSのアルゴリズム変更に高まる不信感

米紙「ニューヨーク・タイムズ」は2015年夏、1970年以降のほぼすべての記事をHTML形式で掲載し、従来のPDF形式よりもGoogleに見つかりやすくした。すると、同紙の検索トラフィックはたちまち増加したとオーディエンス開発担当副編集長のジャスティン・バンク氏は振り返る。

「ニューヨーク・タイムズ」の編集作業にはSEO業務も組み込まれた。編集者は、Googleのトレンドを追跡し、ニュースになる大きな出来事の前にキーワード戦略を立て、臨時ニュースがあれば見出しを更新する。

また同紙は、Facebookからのトラフィックが、この2年間に2桁増えたことでも注目を集めた。バンク氏は、「検索からのトラフィックに大いに満足している」と話し、検索とソーシャルを「主要なトラフィック源である、非常に忠実で熱心なダイレクトオーディエンスの補完物」と呼んでいる。

とはいえ検索流入も安心できない

AMPを抜きにしても、Googleの検索をマスターすることは、以前より難しくなっている。Googleはかつて、検索結果に表示されるために必要な要素について、もっと率直であったが、現在は多くの変数が存在する。ユーザーのプライバシーを保護するために特定のキーワードも非表示にしているので、記事に人々を誘導するキーワードをパブリッシャーが特定することが一層困難になっていると、パースリーのCEOを務めるサチン・カンダール氏は指摘する。

「もはや、ブラックハット的な裏技を使って、検索結果の1位になることはできなくなった」。

こうした状況を受けて、スリリストは、あまり明快でない検索クエリの特定を試みることになった。特に注力しているのが、主要な収入源であるフードとドリンクの情報だ。ニュース記事の場合、同社はニュースの周期を確実に活用する方法を模索している。

「誰もが、多くの検索に引っかかろうとしている」と、スリリストのロビンソン氏は語る。「多種多様な質問を抱えた人が大勢いる。だから、ほかにはない内容を含むコンテンツに注力している。使えるテクニックはごく限られている」。

Lucia Moses(原文 / 訳:ガリレオ)

DIGIDAY[日本版]の関連記事
Googleの「AMP」導入をめぐる4つの疑問点:果たしてそれで儲かるのか?
Google、AMPページを目立たせるアップデートを計画中:プレゼン資料の中身
「AMPやIAには頼らない」:米「デイリー・ビースト」の自社サイト回帰な考え方

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT