米大統領選「ヒラリーで決まり」は早すぎる

なぜ米国の選挙は今も平日の火曜日なのか

さて、オハイオ知事であるケーシック氏の今の立場に戻ると、反トランプの共和党関係者も、表向きは最後までトランプ批判に賛同しながら、実は大統領と上院の両方を民主党に取られる事態は避けたい。

なぜなら、そうなるとヒラリー氏が指名する9人目の最高裁判事がリベラルから選ばれることになり、不法移民の子供達にもアメリカの国籍が与えられ、白人国家アメリカは早晩「崩壊」する。それは本当の意味で共和党の終焉になりかねない。トランプ氏どころではない。

CNBCのオハイオの現地リポートで、TVカメラの前では反トランプを言いながら、カメラがオフになると本当はトランプ氏に入れるという白人層がかなりいることが触れられているが、白人アメリカ人の心情の底を現しているのではないか。

「ヒラリー勝利」でも、金融市場は一筋縄ではいかない

そしてどんな時にも、それなりに儲けるチャンスがあるのが金融市場だ。TV討論会の後は株が買われ、翌日には利食いになるパターンが続いている。米国の主要メディアは、必ず「ヒラリー勝利」と報道するのはわかっている。アジアから欧州時間にかけては真贋を確かめる手段はなく、
欧州時間での利食いは確約されているようなものだ。

またロンドンの賭けのマーケットメイクには、巨大な資金を持つ金融機関やヘッジファンドも参加している。彼らは自分たち支配するビット、オファーで金融市場を安心させ、前述のような手法で稼ぐ一方、仮にBREXITのようなサプライズが起きても、事前に金融市場でプットオプションやVIXなどを仕込んでおけば、賭けの負けはカバーできる。

いずれにしても、有象無象の思惑が支配する世紀の大統領選の結果まであと少しだ。いよいよアメリカの「4thターニング」の後半が始まる。4thターニングとは、アメリカが入植以来、70~90年の大きな周期を3回経験、今は4度目の新しい周期に入る前の「第4コーナー」という意味だ。現在はその「後半」という位置づけだ。このことの意味については、次回書くので、ぜひ楽しみにしていただきたい。
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT