最新「ダイバーシティ企業」トップ200

企業の多様性を総合評価、トップは東芝

この評価は比率だけでなく人数なども組み合わせているため、大企業が上位となりやすい。たとえば、「女性の活躍」では「女性社員数」と「女性社員比率」を評価項目としているが、これは採用数が多いことで女性が活躍する職場を多く提供していると考えられるためだ。社会全体でのダイバーシティ推進の貢献度が高い点も評価では考慮している。

ただ、現状では中堅企業などが上位になりにくい評価となっていることも確かだ。次回以降は、こうした点も改善していきたいと考えている。

次ページLGBTの方の意見
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT