M・ムーア監督、「反トランプ」映画」を公開

民主党集会でも上映

 10月18日、挑発的なドキュメンタリー映画で知られるマイケル・ムーア監督(写真)の、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏に反対する作品「Michael Moore in Trumpland(原題)」がマンハッタンの映画館で無料上映された。ニューヨークやロサンゼルスの劇場で19日から一般公開される。写真は今年5月撮影(2016年 ロイター/Mike Segar )

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 挑発的なドキュメンタリー映画で知られるマイケル・ムーア監督の、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏に反対する作品「Michael Moore in Trumpland(原題)」が18日夜、マンハッタンの映画館で無料上映された。

作品は、ムーア監督が最近オハイオ州で出演したショー「October Surprise」がベース。紹介文によると、「敵の陣地に飛び込む」ムーア監督を描いているという。ニューヨークやロサンゼルスの劇場で19日から一般公開される。

銃やイラク戦争、米医療保険制度に関するドキュメント作品でアカデミー賞の受賞経験もあるムーア監督だが、同作は、多くの有名人らが登場する民主党のヒラリー・クリントン候補の選挙集会でも上映される予定。

 

米映画界では、クリントン氏を支持する動きが拡大している。同氏が17日にブロードウェーで行った選挙集会には、歌手で女優のバーブラ・ストライサンドやコメディアンで俳優のビリー・クリスタル、女優のジュリア・ロバーツなど30人以上の有名人が登場。チケットは最高1万ドル(約103万円)で販売され、集会の様子はオンラインで生中継された。

歌手のジェニファー・ロペスやジョン・ボン・ジョビも来週、フロリダ州で行われるクリントン氏の集会にそれぞれ出演予定で、「アイアンマン」のロバート・ダウニー・ジュニアや、ニール・パトリック・ハリス、ドン・チードルなども、トランプ氏への反対を訴えるソーシャルメディアでのキャンペーンに参加している。

一方、トランプ氏の支持者にはクリント・イーストウッド監督や俳優のジョン・ボイト、歌手のロレッタ・リンなどが名を連ねている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT