レクサス、新型「IS」の真価

BMW、ベンツの牙城に挑む、トヨタの勝算

こだわったのは走行性能。「運転することの気持ちよさを追求した」。小林氏はそれを「スイートスポット」という言葉を使って表現する。スイートスポットとは、ゴルフのクラブ、野球のバット、テニスのラケットなどで、ボールを最も効果的に打てるポイントだ。「ISは、スイートスポットにはまったときに“あ、今うまく運転できたぞ”と実感できる」という。ドライバーとクルマが一体となってクルマを意のままに操る感覚を味わえる、とでも言い換えたらいいだろうか。

新型「IS」の開発を指揮した小林直樹・製品企画主査

新型ISの開発では、さまざまな新技術の投入、あるいは技術改良がなされたが、走行性能を高めたうえでのポイントのひとつは、ボディ(車体)剛性の向上と軽量化という二律背反するテーマに挑んだことである。

ボディ剛性の高さとは、なかなか一言では言い表しにくいものの、イメージとしては運転者(ドライバー)からすると、クルマを走らせているときに道路の凹凸やカーブなどで車体がたわまず、ガッチリと包まれたような安定感があり、みずからの意図する操作と近い感覚で車体が反応する、などのような感覚である。クルマの運動性能を高めるには軽量化も大きなポイントだ。ただし、ボディ剛性を高めようと、たとえば鉄板を厚くすれば重量が増す。

最上級車「LS」で先行導入した技術を本格採用

そこでトヨタは溶接方法を工夫した。一般的なスポット溶接よりも細かいピッチで溶接できるレーザー溶接を採用し、さらに接着剤も使用することで、車体は軽くしたままで、たわみを抑えることに成功したのだ。もともとはレクサスの最上級車種「LS」のマイナーチェンジ(一部改良)で導入された技術を、新型ISで本格採用した。

「静けさだけがレクサスじゃないぞ」。小林氏は、新型ISの開発前に豊田章男社長から言われたこの一言が忘れられない。高級車といえば走行時の静粛性は重要な要素だが、新型ISは高級車の心地よさを損なわないレベルで、エンジンやマフラー(排気管)の音などは、スポーティさを意識して設計されている。

次ページなぜスポーティを追求したのか?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT