レクサス、新型「IS」の真価

BMW、ベンツの牙城に挑む、トヨタの勝算

なぜ、新型ISは“スポーティ”にこだわったのか。

ひとつはライバル車の動向にある。一般的にBMWといえばスポーティ、ベンツはラグジュアリーという印象が強いが、「両社ともに指向を変えてきているようだ」と小林氏は言う。BMWやベンツは世界中で、さまざまなマーケティング上の要望を満たすうちに、「3シリーズはラグジュアリーな方向に、Cクラスはスポーティになってきた。そうしたら、スポーティのストライクゾーンのど真ん中が開いてしまった。新型ISはそこをドーンと攻める」。

トヨタ側の事情もある。「旧型ISは、レクサスのエントリー車としての役割も求められていた。それだけにスポーツ性が薄かった印象は否めない」。レクサス販売会社の関係者は語る。その後、レクサスはラインナップを増やし、「CT」などの「IS」の下に位置する車種も追加されたことで、新型ISはスポーティな要素を追求できるようになった。

全世界で月間7000台の販売目標

ライバル車を追撃する素地は整った。そしてトヨタは、日本国内はもちろんのこと6月に投入する欧米を中心に、世界の主要地域で新型ISを販売する。全世界ベースの販売目標は月間7000台、年間8万4000台に相当する。

主戦場に想定しているのは、BMWやベンツのおひざ元である欧州だ。3シリーズやCクラスは、企業が従業員に貸与するカンパニーカーとしての需要が多いという。そこで、ISの燃費のよさをアピールして、企業に導入を図る。ただ、米国や日本に比べて、欧州でのレクサスの知名度は低い。どこまでBMWやベンツの牙城を切り崩せるかは、未知数の部分もある。

次ページISが担う重責とは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT