シャープ奥田体制、歴史的危機下の1年間

創業101年目へバトンをつないだ

一方、片山会長は米インテルやHPなど海外企業を精力的に回り出資を要請。最終的に、米クアルコムや韓国サムスン電子から出資を引き出した。代表権を持たない片山会長に代わり、クアルコムとの資本提携で契約当事者となったのが代表権を持つ高橋興三副社長だ。

対銀行では、交渉を主導したのは財務担当の大西徹夫専務。取引先や銀行だけではなく、社内からも「誰がトップかわからない」と、奥田社長のリーダーシップに対する疑問の声は強かった。退任への圧力は社内外からあったはずだ。

もっとも「もともと、奥田さんは社長になりたかったわけではない。ストレスも半端ではなく、早く辞めたかったのでは」(シャープ関係者)との声もある。

会見では、片山会長との2頭体制や不仲説に対して「そういう事実はない」と否定したが、続けて「今回、私は会長になるが、代表権も何もない。片山さんもフェローになり、後進の指導に専念する。私自身も経営に対してぐちゃぐちゃ言うつもりはない。今度はすべての権限と責任が高橋に集中するわけで、片山も私もこの形を崩さず運営していきたい。これによって必ずやシャープは新生できる」と語った。

奥田体制で希望退職などを実施し、銀行からの追加融資の条件だった、12年度下期の営業黒字化も達成した。「経営を再建する指揮を執るという、最低限の責任は果たせた」との言葉に、奥田社長の実感がこもっていた。

※関連記事:頼みは銀行とアップル。新生シャープを覆う霧

(撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2013年5月25日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT