大手損保、「海外」「生保」が孝行息子に

東京海上は今や海外子会社が稼ぎ頭

国内損保の改善続くが、若者のクルマ離れ響く

一方、今2014年3月期は、自然災害発生が平年並みとなることや自動車保険の損害率改善が見込まれることから、国内損保事業の収益改善は続く見通しだ。

ただし、若者の自動車離れの影響もあり、収益の大きな伸びは見込みにくい。それだけに安定性という点で、ストックビジネスである生保が業績に貢献し始めた意味は大きい。

東京海上HDが欧米保険会社のM&Aを通じてビジネスを大きく拡大させたように、海外事業の成長可能性も国内損保を大きく上回る。

グローバルベースでの「総合保険グループ」の姿をどう描いていくか。それが、大手3グループの将来を占ううえでのカギになる。

(撮影:梅谷 秀司)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT