88歳のタイ・プミポン国王、容体不安定に

血液透析を受けた後、容体が悪化

 10月10日、タイ王室庁は9日夜、プミポン国王(88)が血液透析を受けた後、容体が不安定になっているとする声明を発表した。写真はプミポン国王の回復を願うタイの人々、バンコクで9日撮影(2016年 ロイター/Athit Perawongmetha)

[バンコク 10日 ロイター] - タイ王室庁は9日夜、プミポン国王(88)が血液透析を受けた後、容体が不安定になっているとする声明を発表した。

王室庁が、国王の健康状態が安定していないことを発表するのは異例。

プミポン国王は、現在世界で在位期間が最も長い君主だが、近年は健康状態が悪化し、ここ1年はバンコク市内の病院に入院している。

王室庁は1日、国王が呼吸器感染から回復しつつあると発表していた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。