デンマークの「コンテナ住宅」が画期的なワケ

<動画>学生向けに設計された安価な家とは?

音声は英語です。音量にご注意ください

使われなくなったコンテナを利用し、低価格で環境にやさしい学生マンションにしようという試みがある。

コペンハーゲンは、世界でもっとも物価の高い都市のひとつ。この新しくできた「アーバン・リジャー学生住宅センター」には、あわせて12棟の建物があり、デンマーク首都の港に位置している。

この住宅センターを設計したビャルケ・インゲルス氏は次のように言う。「ここで使っているのはもう50回以上も世界中の海を旅してきたコンテナです。今はここでこうして、住宅の材料になりました。ここに住めばいつでもコペンハーゲンの港のきれいな水で泳げますし、共有のルーフバルコニーも、ソーラーパネルも、グリーンルーフもあります。それからもちろん、コンパクトですばらしい学生用住宅になっています」。

部屋は質素ではあるものの、しっかり内装がほどこされている。環境にやさしいという点がこの計画および建設の際の大きなポイントだった。アーバン・リガーのキム・ラウドルップCEOは次のように言う。「この建物はいくつかの点でとてもユニークです。水に浮いている点、100パーセントリサイクル素材でできている点、ハンファQセルズ社のソーラーパネルと、グルンドフォス社とダンフォス社の温水暖房システムを使っているので環境にやさしい点です。中でも、水に浮いていて、中古のコンテナを使っているところが特にユニークですね」。

家賃は1カ月650ユーロという低価格になる予定。アレクサンダー・ラウドルップさんはコペンハーゲン大学の学生。「ここに住めばとても健康な生活を送れますね。街中に住んでいるのとはちがって、水辺だし、空気もきれいなので。気が散るようなものや街の喧騒から離れて、自分の勉強に集中できると思います」(ラウドルップさん)。

10月末には最初の学生たちが入居する予定だ。同じ住宅センターの建設は、スウェーデンのヨーテボリでも計画されている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT