不倫にハマる、年収1000万円シングルマザー

夫は不要!「通い不倫」を選ぶ女性が急増中

「私が3歳のときに、ボイラー技士をしていた父が、房総の海で転落死してしまったんです。母親もシングルマザーになったのですが、結婚しても辞めずに続けていた美容師という“手に職”があったので、実家に借金をして、埼玉県内に美容院を開店。私の娘が生まれるまでは、2店舗のサロンを経営していていました。今はそのお店を人に売って、億単位のお金を持っていると聞いています」

母親は化粧が上手で、今でもメイク美人。苦労人らしく寛容なところがあり、そういう人間力を愛されて、会社の経営陣クラスの男性と交際していたという。

「母の彼は3人くらい知っています。やはり、そういう人は細かいことにこだわらず、優しい。母はメイクを落とすと激しく地味な顔なのですが、化粧をしながら“女は外見をキレイにしなくてはダメ”と私に教えてくれました。私はずっと一重まぶただったのですが、20歳のときに“成人祝”として、母が美容整形の費用を出してくれて、今の顔になりました。このおかげですごくトクをしていると感じます」

専業主婦をしている女性ってけっこうヒガミっぽいと思う、と浅香さんは続ける。自分の理想を目指して頑張りすぎて、それが実現しないと他人……特に夫に当たり散らす。ちなみに、浅香さんの5歳娘の父親である現在のパートナーの奥さんは、それが激しい人だという。

奥さんに締め出されたことがきっかけ

この連載の一覧はこちら

「彼が最初に私のところに来たのも、玄関にチェーンをかけられていたからなんですよ。理由は“夕食を食べると言ったのに、彼の帰宅が指定時間に間に合わなかったから”。奥さんは彼が帰ると伝えた時間に、彼の好物である金目鯛の天ぷらを揚げていたらしいのですが、帰宅が大幅に遅れたので激怒。彼は締め出しをくらい、私のオフィスに遊びに来たんです」

彼らをつなげたのは10年ほど前に爆発的に流行したSNSの「mixi」だ。

「当時私は30歳で、彼は42歳で結婚5年目でした。出会ったきっかけは「mixi」上のコミュニティで、経営者同士のお茶会を私が主宰したこと。土曜日に港区南青山にあった私のオフィスで行ないました。仲間のひとりに有名なコーチングアドバイザーがいて、マネージメントを中心に会話は盛り上がりましたね。それで、結局話し込み過ぎて、彼の帰宅時間が大幅に遅れてしまったんです。それが結果的に私たちを取り持つ縁になりました」

彼の自宅は当時表参道にあり、奥さんから締め出しをくらって、彼は浅香さんのオフィスのチャイムを押す。このとき、彼には下心はなかったとか。

「私は後片付けをしてから、のんびりしていました。彼が来たから、会社にあったビールを出して盛り上がるうちに、そういう雰囲気になって、男女の関係に。既婚者と聞いて“また不倫か~”と思ったことを覚えています」

幼い頃から年上の男性に慣れている浅香さんは、彼と出会う前も既婚者と交際していた。

次ページどのような男性と付き合ってきたのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT