各国語飛び交う、東京ゲームショウの変貌

もうガラパゴスではない

「玄机科技」の出展ブース。平面のアニメ絵を意味する「二次元」という日本の俗語が、そのまま中国語としても使われている(撮影/河嶌太郎)

東京ゲームショウが“変貌”している。ガラパゴスだった日本のゲーム市場は今や昔。海外企業の出展が加速度的に増えているのだ。なぜか。

千葉市の幕張メッセ。10時の開場を前に、朝から長蛇の列が建物の外へと延びていた。国内最大級のゲーム見本市「東京ゲームショウ2016」の開幕を前に、曇り空の下、ゲーム業界関係者がこぞって列に並んでいた。

列からは、日本語のほかに、英語や中国語が聞こえてくる。半数近い人が海外から訪れているようだ。会場内でも、いたるところで外国語が飛び交っていた。セガやコナミなどの国内大手ゲーム会社と肩を並べて、インテルや2Kといった米国系企業が広々と出展していた。

市場拡大狙う海外勢

とりわけ印象的だったのが、スクウェア・エニックスの隣で負けじと出展していた中国・杭州の企業「玄机科技」。何を展示しているのか、ブースにいる男性に尋ねてみた。

「これは秦の時代の動乱を描いた3Dアニメ『秦時明月』のスマートフォンゲームです。中国では5回もアニメ化された大人気作品で、日本の人にもぜひ面白さを知ってもらいたいです」

中国で大ヒットした作品を日本でも。虎視眈々と市場拡大を狙う熱意が中国語訛りの日本語からにじみ出ていた。

次ページ海外企業の出展が増えている理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT