日本生命、超金融緩和続けば運用難に

新契約で再び逆ザヤが発生

これらは生保にとって望ましいシナリオだ。だが、その道筋が判然としない中で主力の運用手段である超長期国債利回りが超低水準を続けた場合、新規契約で逆ザヤが常態化しかねない。逆ザヤを解消するには保険料をアップさせるしか方法はないが、そうなると新契約の減少につながる。

「時間差の戦略」も必要

そのため、「一時的に逆ザヤになるものの短めの資産に資金を待機させたうえで、タイミングを見て長期債に振り向けるという『時間差の戦略』も必要になる」と大関氏は運用の難しさについて明かす。

生保会社にとってアベノミクスの恩恵が大きなものだったことは確かだ。日生では、国内株式などの有価証券の含み益が前3月末までの1年間で3兆円も増加した。その一方で超低金利政策が長々と続く事態はありがたくない。
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • 最新の週刊東洋経済
  • おカネと人生の相談室
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。