スバルのHV、燃費以上に求めたもの

水平対向エンジンと4WDの独自性がキモ

そもそもハイブリッドシステムは燃費を伸ばせることに目が向きがちだが、実はエンジン車にはない走行性能を得られることも特長である。象徴的なのは、車の発進や加速に必要なトルクと呼ばれる回転力。エンジンは一定の回転数まで高めないと最大トルクを出せないが、モーターはいきなり最大トルクが出せる。HVは停止時や低速時からの加速性能が高いのだ。エンジンとモーター。それぞれの特性をうまく組み合わせれば、エンジン車以上の車になりえる。

つまり、水平対向エンジンや4輪駆動などといったスバルがエンジン車で培ってきた強みを損なわず、燃費以上の価値観をHVとして実現できる仕様に仕上がるのか、それをユーザーに評価してもらえるかがポイントだ。激戦のHV市場。従来とは違うアプローチが始まろうとしている。

(撮影:鈴木 紳平)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT