ロシアがハッキングで米大統領選を妨害?

米民主党の有力議員がロシアを非難

9月22日、米議会情報委員会の民主党有力議員は、ハッキング行為を通じて米大統領選挙に影響を及ぼそうとしているとしてロシアを非難した。ワシントンの民主党本部。6月撮影(2016年 ロイター/Gary Cameron)

[ワシントン 22日 ロイター] - 米議会情報委員会の民主党有力議員は22日、ハッキング行為を通じて11月8日の米大統領選挙に影響を及ぼそうとしているとしてロシアを非難し、そうした行為の停止を命じるようプーチン大統領に要求した。

上院のダイアン・ファインスタイン氏と下院のアダム・シフ氏は連名の声明で「われわれが受けた説明に基づき、ロシアの情報機関が米大統領選に影響を及ぼそうと画策しているとの結論に達した」と説明した。

米国では政党組織へのハッカー攻撃が相次いでおり、オバマ政権の高官らはロシアの関与を指摘しているが、ロシアを名指しで非難することは控えている。ロシア側はハッキング行為への関与を否定している。

ファインスタイン氏らは、ロシア側の狙いは米大統領選挙のセキュリティー面に対する疑念を醸成することだと指摘。ロシア政府内の「極めて高いレベル」から命令が出ている可能性があるとの認識を示した。

「こうした行為の中止を即刻命じるようプーチン大統領に求める。外国政府がわが国の選挙に影響を及ぼすことは容認できない」とした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT