キプロスの次、と噂されるスロベニア

景気・経済観測(欧州)

次の山となりそうなのが、6月の国債償還だ。スロベニア政府は6月6日に9.1億ユーロの18カ月物政府証券の償還を、6月13日に2.1億ユーロの12カ月物証券の償還を控えている(図表3)。このまま市場での債券発行に窮すれば、ユーロ圏で6番目の支援要請国となる可能性が高まる。

なお、6月初旬の国債償還に間に合うタイミングで支援融資を受け取るためには、5月中旬頃までにユーロ圏の財務相レベルで支援の基本合意をまとめる必要がある。ここから逆算すると、4月後半から5月上旬にかけて、市場参加者の間でスロベニアの資金繰りを巡る不安が高まる恐れがある。

スロベニアはキプロス同様にユーロ圏の小国だ。だが、国債の償還費用を賄えずに債務不履行(デフォルト)のリスクが高まったり、財政支援が受けられずにユーロ離脱が意識されれば、市場の動揺は避けられない。小国だからと言って、スロベニアの危機を侮れば、足許をすくわれることになりかねない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT