キプロスの次、と噂されるスロベニア

景気・経済観測(欧州)

次の山となりそうなのが、6月の国債償還だ。スロベニア政府は6月6日に9.1億ユーロの18カ月物政府証券の償還を、6月13日に2.1億ユーロの12カ月物証券の償還を控えている(図表3)。このまま市場での債券発行に窮すれば、ユーロ圏で6番目の支援要請国となる可能性が高まる。

なお、6月初旬の国債償還に間に合うタイミングで支援融資を受け取るためには、5月中旬頃までにユーロ圏の財務相レベルで支援の基本合意をまとめる必要がある。ここから逆算すると、4月後半から5月上旬にかけて、市場参加者の間でスロベニアの資金繰りを巡る不安が高まる恐れがある。

スロベニアはキプロス同様にユーロ圏の小国だ。だが、国債の償還費用を賄えずに債務不履行(デフォルト)のリスクが高まったり、財政支援が受けられずにユーロ離脱が意識されれば、市場の動揺は避けられない。小国だからと言って、スロベニアの危機を侮れば、足許をすくわれることになりかねない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT