「周り」ばかり気にしている人は踏み出せない

見るべきは自分が進むべき「前」なのに・・・

石川さんがそうなるには、もしかしたら、小さなことでもよいから自分自身の判断で現状を変えてみるといった経験を積み重なることが必要なのかもしれません。身の回りのちょっとしたこと、たとえば通勤経路を変えてみる、食事の時間をいつもと違くしてみる、新しく趣味を始めてみる、など何でもよいのです。

大切なことは、意思決定を通じて「変わる自分に慣れる」ということです。未来を切り開こうとしたら、新たな1歩を踏み出さないといけません。新たな1歩を踏み出すには、意思決定が必要です。そして意思決定をするには、「自分事」に関する意思決定に慣れ、変わる自分、変われる自分に慣れないといけません。

そのうえで、1歩ずつ自分のペースで、自分の価値観に応じて前に進む自分を、他人との比較の中においてではなく、主人公として好きになる勇気が大切なのです。

大きな1歩を踏み出すには、小さな1歩に慣れることです。小さな1歩とはいえ、人生は長い旅ですから前に進めば、少なくとも昨日の自分よりは成長していますよね。

見るべきは自分が進むべき「前」だ

見るべきは「周り」ではありません。自分が進むべき「前」です。仮に失敗したとしても、他人の言葉を信じてやった結果よりも、自分を信じてやった結果のほうが受け入れやすいですよね。そしてそのような失敗であれば、学びのある経験へとつながるのです。

つまり自分自身で意思決定を下すことで、結果はどうであれ成長につながるのです。ですから、意思決定を下すことを恐れる必要はありません。

石川さんが小さな1歩を通じて、よりよい人生を歩まれることを応援しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。