インサイダー取引は“割に合わない”

イー・アクセス社員逮捕、今さら聞けない基礎知識

インサイダー取引を監視するのが証券取引等監視委員会。実際の犯罪には東京地検と連携して調査に当たる

携帯電話会社イー・アクセス株をめぐるインサイダー取引に関与したとして、同社社員で元会長秘書の27歳男性が4月11日、東京地検に逮捕された。容疑は金融商品取引法違反(インサイダー取引)。ソフトバンクがイー・アクセスを買収するとの情報を公表前に入手、イー・アクセス株を買い付けた疑いが持たれている。

報道などによると、元秘書は容疑を否認しているという。真相の解明は今後の捜査を待つことになるが、元秘書は一連の取引で一時、数千万円の含み益を得た可能性があるようだ。数千万円のカネは20代の会社員にとっては、確かに大きな金額だ。だが、インサイダー取引は、リスクとリターンを考えれば、言い方は悪いがまったく“割に合わない”犯罪である。

不正取引の利益は没収、社会的地位も失う

インサイダー取引で摘発されれば、不正取引で得た利益はすべて取り上げられる。それだけではない。場合によって実名で報道され、懲戒解雇などで社会的信用・地位も失うことになる。

そもそもインサイダー取引とは何か。誰が対象になりえるのか。どうやって発覚するのか――。今さら聞けない人のために、基礎から解説しよう。

次ページそもそもインサイダーとは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT