インサイダー取引は“割に合わない”

イー・アクセス社員逮捕、今さら聞けない基礎知識

インサイダー取引を監視するのが証券取引等監視委員会。実際の犯罪には東京地検と連携して調査に当たる

携帯電話会社イー・アクセス株をめぐるインサイダー取引に関与したとして、同社社員で元会長秘書の27歳男性が4月11日、東京地検に逮捕された。容疑は金融商品取引法違反(インサイダー取引)。ソフトバンクがイー・アクセスを買収するとの情報を公表前に入手、イー・アクセス株を買い付けた疑いが持たれている。

報道などによると、元秘書は容疑を否認しているという。真相の解明は今後の捜査を待つことになるが、元秘書は一連の取引で一時、数千万円の含み益を得た可能性があるようだ。数千万円のカネは20代の会社員にとっては、確かに大きな金額だ。だが、インサイダー取引は、リスクとリターンを考えれば、言い方は悪いがまったく“割に合わない”犯罪である。

不正取引の利益は没収、社会的地位も失う

インサイダー取引で摘発されれば、不正取引で得た利益はすべて取り上げられる。それだけではない。場合によって実名で報道され、懲戒解雇などで社会的信用・地位も失うことになる。

そもそもインサイダー取引とは何か。誰が対象になりえるのか。どうやって発覚するのか――。今さら聞けない人のために、基礎から解説しよう。

次ページそもそもインサイダーとは?
人気記事
トピックボードAD
  • 30歳とお金のリアル
  • 北朝鮮ニュース
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。