東京ディズニー「30周年」の見どころは

パレード一新、アトラクションも新開業

施設の入り口付近ではTDRのスタッフが、集まってくるゲストたちに、「本日はプレスの方しかお入りいただけません」と声を枯らしていた(写真)。アトラクション施設の内部に入り、起伏のある長い長いコンコースを通り抜けると、搭乗口が見えてくる。

そもそもスター・ツアーズのストーリーは、スター・ツアーズ社の主催する宇宙旅行に参加したゲストが、人気映画「スター・ウォーズ」の帝国軍と反乱軍との戦いに巻き込まれ、宇宙空間やさまざまな惑星を縦横無尽に飛び回るというもの。

ストーリーの先を読めない新アトラクション、人気は

ゲストは実際の乗り物で動き回るわけではないが、宇宙空間や地上、海中などを高速で飛び回る映像に連動して、座席が傾いたり震動したりするため、あたかも宇宙船で飛び回っているように感じられるのがミソだ。

こうしたストーリー自体は旧スター・ツアーズのコンセプトを踏襲しているが、大きく異なるのは「スクリーンに映し出される映像を3D(立体映像)にしたことと、50通り以上の組み合わせでストーリーが展開すること」(オリエンタルランド)という。

3Dメガネを搭乗口で受け取って着用(写真)する必要はあるものの、立体映像にしたことでリアル感がアップ。また、50通りもストーリーの組み合わせがあることから、何度か搭乗したぐらいでは、ストーリーの先は読めそうにない。年間パスポートレベルのコアなディズニーファンでも、TDLに入場するたびに搭乗したくなるかもしれない。

同じく3D映像を使ったTDSの「トイ・ストーリー・マニア!」は、開業から10カ月近くを経てもいまだに、「日によっては2~3時間待ちもある」(同社)ほどの人気ぶり。TDLに比べ入場者数では後塵を拝しているTDSの底上げに貢献している。「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」も、TDLにとって、しばらくの間はキラーコンテンツになりそうだ。

TDRの30周年イベント「ザ・ハピネス・イヤー」は、4月15日から2014年3月20日まで、340日間にわたって開催される予定。この3月に終わった前2012年度には、TDR(2パーク合計)の入場者数は2750万人と、過去最高だった25周年の08年度2722万人を4年ぶりに更新した。新パレードや新アトラクションの効果もあり、30周年の今13年度も入場者数の連続更新は濃厚とみられる。

(撮影:尾形 文繁)
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT