東京ディズニー「30周年」の見どころは

パレード一新、アトラクションも新開業

ミッキーとミニーが乗り込んだ、たくさんの風船を模した高さ12メートルの気球型フロートは、間近では見上げるほどの高さで、縦長の構図でないととても全体を収めきれない(写真)。

ハピネス・イズ・ヒアは以上の7つのユニットから構成されている。各ユニットには複数のフロート(山車)が含まれるため、フロート数全体では13台を数える。

公演時間は1回当たり約45分だが、プレスエリアから見たかぎりでは、先頭のフロート(グーフィーが搭乗)が目の前に到着してから、末尾のフロート(提供元のNTTドコモのロゴを記載)が目の前を通り過ぎるまでの時間は、おおよそ20分前後。全長500メートルもの長大なパレードとなっている。

5月開業「スター・ツアーズ」周辺にもゲスト

この新パレードの現場から歩いて5分ほど。未知と冒険が待つ宇宙と未来の世界を標榜するトゥモローランドのエリアに、5月7日にオープンする新アトラクションが、「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」だ。

旧スター・ツアーズは、ほぼ1年前の2012年4月初めに閉館。今回のザ・アドベンチャーズ・コンティニューはこれをリニューアルした新施設ということになる。

ただ、リニューアルといっても、設備投資額は約70億円。建屋は旧スター・ツアーズのものを活用していることを考えると、TDSで昨年7月に完全新築オープンした「トイ・ストーリー・マニア!」の約115億円と比べても、遜色のない投資額といえる。

一般ゲストにもお披露目された新パレード「ハピネス・イズ・ヒア」とは異なり、ザ・アドベンチャーズ・コンティニューは5月7日が開業予定日のため、4月11日にアトラクションを体験できたのは、あくまで報道陣だけ。

次ページコアのファンでも何度もはまる?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT