トランプ氏「健康問題は選挙戦の争点」、クリントン氏肺炎診断で

クリントン氏の「肺炎診断」を受けて

 9月12日、トランプ氏は健康問題が選挙戦の争点になるとの認識を表明した。写真はニューヨークで11日撮影(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[ワシントン 12日 ロイター] - 米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏は12日、民主党候補ヒラリー・クリントン氏が肺炎と診断されたことを受け、健康問題は選挙戦の争点になるとの認識を表明した。

フォックス・ニュースの電話インタビューで語った。またCNBCでは、自身の健康に関する情報を週内に公表する考えを示した。

クリントン氏が、トランプ氏支持者の「半数は嘆かわしい人々の集まり」と発言後、後悔していると語った件について、トランプ氏は「政治の季節を迎える中、唯一最大の誤り」と、クリントン氏の発言を批判した。

トランプ氏はフォックス・ニュースで「すべての人々の大統領になることを心にとどめておくべきだ。50%や75%の人々の大統領ではない」と語った。

トランプ氏陣営は12日に放送したテレビ広告で、クリントン氏の発言は労働者を悪者扱いしていると批判した。

*内容を追加して再送します。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT