デンソーが今、カーナビ会社を買う真の理由

自動運転に富士通テンはどう絡んでくるのか

赤字会社を買うデンソーの狙いは、収益というより、自動運転技術の開発力の強化だ。

富士通テンはカーナビ大手で、売上高の約6割を自動車メーカー向けのカーナビが占める。そのほか、エンジン制御ECUなどの電子制御機器、自動ブレーキなどに使われるミリ波レーダー、市販用カーナビ、ドライブレコーダーなどを手掛けており、ソフトに強い技術者が多い。

ミリ波レーダーはともかく、主力のカーナビがどこまで自動運転関連かは微妙なところだが、自動運転時代に重要性が増すと考えられている、車内インフォテイメント(情報と娯楽の融合)や、自動と手動の切り替え時におけるドライバーとのインターフェースなど、将来的にカーナビの技術は自動運転に応用できる。

自前主義にはこだわらない

デンソーは社内の技術者を集め、今年1月に自動運転関連の新組織を設置した(撮影:尾形文繁)

デンソーは今年1月、自動運転技術の強化を狙って、「ADAS推進部」を設置。社内に点在していた自動運転関連で、特にソフトの技術者を一カ所に集めた。まず130人でスタートし、2~3年間で200人規模に拡大する方針を打ち出している。有能な人材を集めるため、東京支社の移転拡充や渋谷のITラボを増員してきたが、まだまだ足りないのが現実だ。

その意味で、トヨタと同じく自前主義が強かったデンソーだが、外部との連携にも舵を切り始めている。

2015年6月にデンソーの有馬浩二社長は、「自前でできない技術はたくさんあり、そういうところでは積極的に協業していきたい」と語っていた。言葉通りにこの1年間、画像処理ベンチャーへの出資や、合弁でのソフト開発会社を設立してきた。

では、これを機にデンソーがM&Aによる拡大路線を一気に歩むかというと、それは違う。

次ページ大型M&Aまでは踏み切らず
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT