デンソーが今、カーナビ会社を買う真の理由

自動運転に富士通テンはどう絡んでくるのか

「大型M&Aは(デンソーの)文化に合わない。文化が合って一緒にやっていけるところと組んでいきたい」(有馬社長)。この8月にも「M&Aでの規模拡大はやらない。アライアンスは双方にウィンウィンでないと」と、松ヶ谷和沖・ADAS推進部長は強調していた。

振り返ると、富士通テンにトヨタとデンソーが資本参加したのは、1973年のこと。43年間の付き合いを経た子会社化の決断はデンソーらしい。ちなみにトヨタはこの8月にダイハツ工業を完全子会社化したが、最初の資本提携から完全子会社化までは49年間もかけた。

M&Aは目的でなく、手段でしかない。大事なのは来るべき自動運転の時代に勝ち残れるか否か。とはいえ、果敢なM&Aを仕掛けるボッシュ、コンチネンタル、ZFといったドイツ勢に比べると、スピード感で見劣りすることは事実。デンソーが富士通テンの次に、どんな一手を打つか。”身内”のトヨタも含め、業界中が注目している。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。