デンソーが今、カーナビ会社を買う真の理由

自動運転に富士通テンはどう絡んでくるのか

「大型M&Aは(デンソーの)文化に合わない。文化が合って一緒にやっていけるところと組んでいきたい」(有馬社長)。この8月にも「M&Aでの規模拡大はやらない。アライアンスは双方にウィンウィンでないと」と、松ヶ谷和沖・ADAS推進部長は強調していた。

振り返ると、富士通テンにトヨタとデンソーが資本参加したのは、1973年のこと。43年間の付き合いを経た子会社化の決断はデンソーらしい。ちなみにトヨタはこの8月にダイハツ工業を完全子会社化したが、最初の資本提携から完全子会社化までは49年間もかけた。

M&Aは目的でなく、手段でしかない。大事なのは来るべき自動運転の時代に勝ち残れるか否か。とはいえ、果敢なM&Aを仕掛けるボッシュ、コンチネンタル、ZFといったドイツ勢に比べると、スピード感で見劣りすることは事実。デンソーが富士通テンの次に、どんな一手を打つか。”身内”のトヨタも含め、業界中が注目している。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。