デンソーが今、カーナビ会社を買う真の理由

自動運転に富士通テンはどう絡んでくるのか

「大型M&Aは(デンソーの)文化に合わない。文化が合って一緒にやっていけるところと組んでいきたい」(有馬社長)。この8月にも「M&Aでの規模拡大はやらない。アライアンスは双方にウィンウィンでないと」と、松ヶ谷和沖・ADAS推進部長は強調していた。

振り返ると、富士通テンにトヨタとデンソーが資本参加したのは、1973年のこと。43年間の付き合いを経た子会社化の決断はデンソーらしい。ちなみにトヨタはこの8月にダイハツ工業を完全子会社化したが、最初の資本提携から完全子会社化までは49年間もかけた。

M&Aは目的でなく、手段でしかない。大事なのは来るべき自動運転の時代に勝ち残れるか否か。とはいえ、果敢なM&Aを仕掛けるボッシュ、コンチネンタル、ZFといったドイツ勢に比べると、スピード感で見劣りすることは事実。デンソーが富士通テンの次に、どんな一手を打つか。”身内”のトヨタも含め、業界中が注目している。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT