北朝鮮「5度目の核実験」は何を意味するのか

今年いっぱいは軍事力を誇示する可能性

韓国気象庁の会見の様子(写真:AP/アフロ)

9月9日午前9時30分ごろ、北朝鮮が5回目、2016年に入ってからは2回目の核実験を行ったもようだ。これをどのようにとらえるべきなのだろうか。

韓国合同参謀本部と韓国気象庁は北朝鮮北部の咸鏡(ハムギョン)北道吉州(キルチュ)郡でマグニチュード5程度の人工地震を感知したと発表、同郡には北朝鮮の核実験場があるため「5回目の核実験を行った可能性がある」と述べた。日本の気象庁も、北朝鮮付近を震源とする、自然地震ではない地震波を観測したと発表。地震の規模を示すマグニチュードは5.3と推定している。

今回の地震波が核実験によるものであれば、北朝鮮にとって2006年10月9日に初めての核実験を行って以来、5回目となる。北朝鮮は2009年5月、2013年2月、今年1月と核実験を実施。特に今年1月の核実験は、「水素爆弾の開発に成功」と北朝鮮側は強調してきた。

弾道ミサイル発射とともに軍事力をアピール

9月9日は、1948年に朝鮮民主主義人民共和国が建国した記念日に当たる。核実験であれば、この記念日での実施を目指して準備してきたことがわかる。実際に、衛星写真などの情報からみて「いつ核実験を行ってもおかしくない状況」として、米国や韓国などの情報当局は北朝鮮の動きを注視してきた。

また、北朝鮮は9月5日に日本の排他的経済水域(EEZ)に到達する地上移動式の弾道ミサイルを発射し、その直前にも潜水艦からの弾道ミサイル発射(SLBM)するなど、相次いで自らの軍事力を誇示してきた。今回の核実験も、北朝鮮が保有する軍事力の発達とその成果を対外的にアピールする一環だと思われる。

次ページ核実験を続ける理由とは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT