トレンドマイクロ、標的型攻撃対応に照準

個人に狙いを定め侵入するサイバー攻撃が増えている

2013年の事業戦略を発表したトレンドマイクロのエバ・チェンCEO

世界的に大規模なサイバー攻撃が目立っている。韓国では3月20日に、放送局や金融機関のPCでコンピュータシステムがいっせいにダウンしたのは記憶に新しいところだ。

国内で目立つのが、アンドロイド系を中心としたスマートフォン向けの不正アプリの急増。2011年12月に1000件に過ぎなかった不正アプリ数は昨年末には35万件に達するなど、スマホの急増とともに急激に膨らんでいる。

増える標的型攻撃

増加するサイバー攻撃に対して、網羅型の対策だけでは限界が見えてきた。金銭的な動機に基づき、攻撃者は企業情報や従業員の個人情報を収集、ターゲットとなる個人に標的を絞り、PCなどにウイルスを感染させ、コマンド&コントロールするサーバを構築して潜伏、数カ月に渡り機密データを盗み出すような事例が増えている。これに対応する必要が出てきている。

情報セキュリティソフトで国内首位のトレンドマイクロも、同社の主力製品である「ウイルスバスター」など従来の網羅型ソフトだけでは守りきれない分野を、今後は強化していく方針を明らかにした。

次ページサイバー犯罪者の手口も変化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。