トレンドマイクロ、標的型攻撃対応に照準

個人に狙いを定め侵入するサイバー攻撃が増えている

2013年の事業戦略を発表したトレンドマイクロのエバ・チェンCEO

世界的に大規模なサイバー攻撃が目立っている。韓国では3月20日に、放送局や金融機関のPCでコンピュータシステムがいっせいにダウンしたのは記憶に新しいところだ。

国内で目立つのが、アンドロイド系を中心としたスマートフォン向けの不正アプリの急増。2011年12月に1000件に過ぎなかった不正アプリ数は昨年末には35万件に達するなど、スマホの急増とともに急激に膨らんでいる。

増える標的型攻撃

増加するサイバー攻撃に対して、網羅型の対策だけでは限界が見えてきた。金銭的な動機に基づき、攻撃者は企業情報や従業員の個人情報を収集、ターゲットとなる個人に標的を絞り、PCなどにウイルスを感染させ、コマンド&コントロールするサーバを構築して潜伏、数カ月に渡り機密データを盗み出すような事例が増えている。これに対応する必要が出てきている。

情報セキュリティソフトで国内首位のトレンドマイクロも、同社の主力製品である「ウイルスバスター」など従来の網羅型ソフトだけでは守りきれない分野を、今後は強化していく方針を明らかにした。

次ページサイバー犯罪者の手口も変化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT